コスパ最強の火吹き棒を中国通販で購入&100均火吹き棒との比較

AliExpressでの購入方法を説明した記事で実際に購入してみた、伸縮式の火吹き棒が届いたのでレビューしてみます。

後半では、セリアで販売されている100円火吹き棒と比較してみます。

火吹き棒って?

ファイヤーブラスターとか、ファイヤーブロワーなどとも呼びます。

要するに、火に空気を吹き付けるための筒状の棒ですね。

本格的なものだと、以下のようなものが定番だと思います。

僕もこれを所有していた「はず」なのですが、本記事を書くにあたり使ってみようと考えたのですが、どうやら紛失してしまったらしいことが判明しました。

というのも、ここ数年は使うこともなかったんです。なぜかというと、僕にとってはかさばるわりには実用性があまりなかった、というか、本当に必要な時はわざわざこんなものを使わず、口で直接息を吹き付けてしまえばいいだけなので、いつしか使うこともなくなってしまったんですね。

あくまでも個人的な考えですが、焚火などに強制的に空気を送り込む必要があるケースって実用上はあまりないかなと思います。

例えば、完全に熾火(おきび)になってしまったところに追加した新しい薪に着火するときくらいですかね。ただ、こういう時も直接息を吹きかけちゃった方が早かったりするので。。

火吹き棒って、実用性よりも、息を吹きながら火が赤く盛る様子を眺めながら無心になる心地よさを楽しむものだという感覚です。
最近は子供中心のちょっと忙しい我が家のキャンプでは僕がそんな贅沢な過ごし方はなかなか許されないんですよ。。(ソロキャンプしたくなってきた…)

ポータブルタイプの火吹き棒

今回購入したのはこれです。

80.0¥ 38% OFF|ブローファイアチューブ,ステンレス鋼,2つのエンドファイヤーパイプ,防錆,持ち運びが簡単,ポータブルパーツ,キャンプツール|Outdoor Tools| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

コンパクトなので、仮に「実用性がたいしてなかったとしても」たいして邪魔になりません。それに安いですし。。

実は似たようなものは、100円ショップ(僕の知る範囲ではセリアだけ)にもありますが、こっちのほうが長さもあるし、若干使いやすくする工夫(後述)もあるのでよさそうだと判断しました。

しつこいですが、僕にとっての火吹き棒は、使うとしてもただひたすら無心に火を吹き続ける気持ちよさを味わうためのものなので、40cmはちょっと顔が熱くなりそう&腰が曲がりそうで苦行になる予感です。

サイズ・使い勝手

サイズについて、実際に測ってみたところ、畳んだ状態で長さ14cmくらい、伸ばした状態で63cmくらいです。

火吹き棒 サイズ 14cm
火吹き棒 サイズ 63cm

畳んだ状態だと、おそらく平均的な成人男性の手のひらに収まるくらいのサイズになります。

伸縮式火吹き棒

ポケットに入るくらいでかなりコンパクトになります。荷物の隙間に放り込んでおけるので、すくなくともオートキャンプでは邪魔になることはなさそうです。

実際、僕は一回キャンプで使用した後、この火吹き棒を紛失しました。
おそらくキャンプ用品のどこかに紛れ込んでいるのだと思いますが、現在も所在不明です。
  なぜ火吹き棒ばかり失くしてしまうのか…
[追記]
 また同じもの買いました。。。

伸ばした状態では60cm以上の長さになり、普通の焚き火であれば十分な距離が取れる感じです。

火吹き棒 焚き火からの距離

写真だと伝わりにくいかもしれませんが、よほど炎が上がっていない限り、十分の距離がとれる長さです。(炎が上がっていれば火吹き棒はつかわないですしね)

一番細い先端部で、穴の直径は4mmくらいです。

火吹き棒 直径 内径 4mm

これは、先に挙げたファイヤーサイドのファイヤーブラスターより一回り細いと思います。
※ ファイヤーブラスターは紛失中なので正確なサイズを確認できません。すいません。。

実際に空気を吹いてみた感じでは、ファイヤーブラスターよりも細い分空気を一気に送る事はできず(体感では半分以下)、火が起きる範囲もよりピンポイントになる感じです。

一方で、子供や女性など、肺活量が少なめの人にはファイヤーブラスターよりも使いやすそうな感じもします。
実際我が家では子供が喜んで使っていました。

特にお子さんに使わせるとき、絶対に息を吸い込まないように徹底させましょうね。
やったことないからわかりませんが、おそらく熱い空気が肺に流れ込むことになると思います。

ところで、100円ショップのものにはついていない、口元と先端の出っ張りですが、意外といいかもしれません。

火吹き棒 先端 突起

まず、口元の方ですが、これは口を当てやすくなっています。これがない場合は、おそらくストロー個体に口に加える感じで使うと思うのですが、この形状のおかげで、ファイヤーブラスターなんかを使うみたいに強く吹くことができます。
まあこれはどちらが使いやすいかは好みの問題かもしれませんが。。

先端の方の突起ですが、実際になんのためにあるのかははっきりとわかりません。説明書とかもないし。。

ただ言えることは、先端がこのような形状になっているので、そこを指でつまんで伸ばすことが簡単にできます。そのためにあるのかもしれません。

Amazonでも買えるけど、AliExpressが安い

これとほぼ同じものは、Amazon等でも売っています。

ちょっと高くなりますが、すぐに欲しい場合はAmazonや楽天で探すのがいいと思います。

届くまでのんびり待てるのであれば、AliExpressで探すほうが安くつきますね。AliExpressの方は、「失敗してもしょうがないや」と思えるくらいの価格で買えちゃいますからね。

↓ AliExpress商品サイト

80.0¥ 38% OFF|ブローファイアチューブ,ステンレス鋼,2つのエンドファイヤーパイプ,防錆,持ち運びが簡単,ポータブルパーツ,キャンプツール|Outdoor Tools| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

AliExpressでの購入方法などは以下を参照してください

100均火吹き棒と比較

セリアの火吹き棒

激安火吹き棒と言えば、Seriaの火吹き棒が知られていますね。

ここまでレビューをしてきた火吹き棒ですが、百均火吹き棒の倍以上の価格(とはいっても150円程度の違いですが)です。それだけの価値はあるのか、比較してみましょう。

COMMENT

実は、AliExpressで購入した火吹き棒は紛失しました。
その後、このセリアの火吹き棒を購入したのですが、ちょっと物足りなさを感じたので、またAliExpressで同じものを購入したという経緯があります。

サイズ

最大の違いがそのサイズです。

まずはたたんだ状態での長さを比べてみます。

AliExpressとSeriaの火吹き棒のサイズ比較

AliExpressで購入した方は、先のレビューでも述べたように約14cmです。
一方Seriaの100円火吹き棒は、ちょっと長めの約16cmでした。

次に、それぞれの火吹き棒を伸ばした時の長さを比較してみます。

火吹き棒 ヒャッキンの火吹き棒は短い

たたんだ状態ではSeriaの火吹き棒のほうが少し長かったのですが、伸ばすとその長さは大逆転しました。

上側がAliExpressで購入したもので63.5cmの長さです。
下側がSeriaの100円火吹き棒は40cmです。

なんと、たたんだ状態ではちょっと短かったAliExpressで購入した火吹き棒のほうが、伸ばすと1.5倍の長さになりました。

写真をよく見るとわかるのですが、Seriaの火吹き棒は3段構成ですが、AliExpressのほうは6段構成になっています。そのため、AliExpressのほうがずっと長くなるわけですね。

最後に、穴のサイズを比べてみます。

火吹き棒 サイズの比較

百均の火吹き棒は、口当て側も吹き出し口側もおよそ5.5mmです。口当て側はシリコンカバーが付いているので、その分小さくなっています。
AliExpressの火吹き棒は、口当て側が約7mm, 吹き出し口側が約4mmです。

使い勝手

Seriaの100均火吹き棒は短い

百均火吹き棒の40cmという長さは、ちょっと短いです。

強めに火が付いたバーベキューの炭やたき火に使うと、かなり顔を火に近づけることになるため、顔が熱くてあまり長い時間使い続けることができません。

炭火起しの初期段階など、火が弱い(火種があまり大きくなく、輻射熱があまり出ていない)状況では問題なく使えます。

AliExpressの火吹き棒の約60cmという長さは、40cmの火吹き棒に比べるとかなり安心感があります。使ってみると長さの差の違いはかなり大きく感じます。

TIPS

輻射熱(放射熱)により受ける熱量は、熱源からの距離の2乗に反比例します。
熱源(例えばバーベキューなら炭火)が同じだとすると、60cmの距離で受ける熱量は40cmの距離で受ける熱量のざっくり半分くらいになります。

(1 / 602) ÷ (1/402) = 0.44 倍

AliExpressの火吹き棒は若干吹きにくい

まず、口当て部分の形状が違います。

Seriaのほうは、ストローを使うときのように唇で覆って吹くつくりで、AliExpressのほうはラッパのように唇を当てて使うタイプです。

このように、口当ての形状は違うものの、どちらが使いやすいかというと、同じようなものだと思います。

違いがあるのは息を吹く際の抵抗です。

吹き出し口側の穴の内径がすこし小さい分、息を吹いた際の抵抗はAliExpress火吹き棒のほうが大きく感じます。

百均火吹き棒は比較的すっと息を吹くことができる感触です。

ただ、実際火起しに影響するかというと、それはあまり感じません。それよりも長さの差で使い心地が大きく違います。

結局どっちがいい?

我が家では子供が使うのがメインなので、長さがあるAliExpressのほうを使っています。百均のほうは僕がたまに使うくらいです。

子供に使わせるとなると、40cmは短いです。

購入時価格は260円くらいでしたので、百均のものより高いことは確かです。
とはいえ価格差は大したことなく、AliExpressで購入した火吹き棒に価格差以上の価値を感じています。

火起しのことだけ考えるなら送風機に軍配あり

趣や携帯性は無視出来て、楽に早く火起しをすることだけが目的であれば、送風機のほうが良いと思います。

火吹き棒を使って息を吹きつけるよりも、手でハンドルを回して風を送る方がずっと楽だし強力です。

AliExpressゃアマゾン・楽天などでは、同じような中国製の手動送風機が2種類出回っていますが、使うのであればハンドル部分が金属製のほうが良いです。
ハンドルがプラスチック製の物はちょっと安いけどすぐ壊れるとのことで(僕は使ったことがありません)、評価が低いです。

ちなみに、電池式の送風機もいくつかありますが、サイズが小さく風もちょっと弱めで、上記の手動式のものを使うときよりも手を火に近づけて使うことになります。これまた長時間使うと(楽なのは間違いないですが)手が熱くなってきます。

サイズが全く気にならないなら手動送風機、さすがに大きすぎるけど楽をしたいなら電池式の送風機ということになりますかね。

ただ、火吹き棒って、こういうのと比較するようなものではないですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました