AliExpressで注目のキャンプギアを紹介

どうやら中華ギアシリーズが好評なので第3弾です。

第1弾 : 中国製キャンプギアの実態と失敗しない購入法

第2弾 : コスパ最強から本格派まで : 中国アウトドアメーカー/ブランドのまとめ

安さが魅力の中華ギアですが、実は中国の通販サイトであるAliExpressで購入したものをアマゾンで販売(転売)されているケースがあることを知っていますか?

実際、キャンプ用品の分野では、アマゾンで中国業者が直接販売するようになってしまったため、最近ではAliExpress購入→アマゾン販売で儲けは出しにくくなっていると思いますが、以前は結構差額が大きくて、これをやっている人は多かったんです。

最近はむしろアマゾンのほうが安いものが多いのですが、いまだにAliExpressのほうが安い商品もまだまだ残っています。安さ以外の魅力としては、日本で売られていないものがあったりすることですね。

今回は、そういった商品のいくつかを紹介していきます。

AliExpressは、基本的に中国の業者からの購入となります。
返品・返金の仕組みは一応ありますが、アフターサポートは期待できません。
商品が届くのにもすごーく時間がかかります。届かないケースもあるようです。(僕は今の所届かなかったことはありません)
AliExpressでの購入はそういったリスクを承知の上で行うようにしてください。

AliExpressとは?

AliExpressは世界中から購入できる中国の通販サイト

AliExpressとは、中国のアリババグループが運営する通販サイトです。

アリババグループが運営するサイトはいくつかあり、その代表例は以下のようなものです。

  • AliExpress : 中国国外の個人を主なターゲットとした通販サイト → 当記事で紹介するのはこれです
  • Alibaba.com : 主にB to B (企業間取引)の仲介をするサイト → 個人で単品を購入するには向いていないです
  • タオバオ : 中国国内のC to C(個人間取引)向けの取引サイト → 日本から購入するのはハードルが高いです(英語すら通じないです)
  • 天猫Tmall : 中国国内の個人向け通販サイト → 日本から購入するのはハードルが高いです(僕は使ったことがありません)

事実上、日本から個人がなにか気軽に購入するときはAliExpressを使うことになります。価格的には上記の中では一番不利になっちゃいますが。。

もちろん入会は無料ですし、機械翻訳っぽいですけど一応日本語対応しています。

中国製品の品揃えはすごい そして安い 送料無料もあり

キャンプ用品に関わらず、中国製品の品揃えは充実しています。中華ギアシリーズ第二弾の記事で紹介したようなメーカー/ブランドでも、日本の通販で売られていない商品がたくさんありますが、そAliExpressではそれらの多くが販売されています。

もちろん価格は安いですし、送料も無料なケースは多いです。

※ 本体価格が安くても送料が有料で、合計すると逆に高くなっちゃっているケースもあるので注意してください。ヤフオクなどで問題になった、本体価格を安く見せる手法ですね。

入会するだけで24ドルのクーポンが貰える方法がありますよ

※ 24ドルっていうのはもしかしたら変動があるかもしれません。

新規入会するだけで24ドル(2021年2月現在)のクーポンが貰える方法があります。やり方は簡単で、↓のリンクから入会登録をするだけです。

https://a.aliexpress.com/_mtJ9mpz

ちなみに、↑を介して誰かが入会した場合、僕も5ドルのクーポンをゲットできます。

これは、AliExpressの友達紹介制度っていうやつです。別に友達じゃなくてもOKだし、上記から入会しても友だちになる必要はない(そもそも誰が入会したのか僕にはわからない)ので安心してくださ  い。詳しくはこちらのページに説明を書きましたので気になる場合は参照してください。

「見ず知らずのお前に5ドルやるのは気に入らん」っていう人は、AliExpress会員の知り合いを探して「友達紹介のクーポンコードを教えてくれ」って言えば教えてくれます。そしてその人に5ドルのクーポンが入ります。

AliExpressが安いかもしれない製品

ものの価格は変動するので、常にAliExpressのほうが日本国内の通販より安いとは限りませんが、「大抵の場合」AliExpressが安いと思われる製品をいくつか紹介していきます。

品質については僕は保証できません。ここで紹介するものは僕が購入して確かめたわけではないです(購入したのもありますが)。
粗悪品・不良品をつかまされるリスクは日本の通販よりずっと高いです。(一応ちゃんとした補償制度はあります
「ダメならダメでそれをネタにすればいいや」くらいの気持ちで買えるものを買うくらいにとどめておいたほうがいいと思います。
AliExpressは通常船便なので配送にすごく時間がかかります(一応、送料を追加すれば航空便を使えたりもします)。今の所僕はないですが、実際に届かないというケースもあるみたいです。
急ぎの買い物では使わないほうが無難です。

Naturehikeのテント全般

Naturehike製品をAliExpressで購入するというのは、知っている人には定番コースになっていますね。
日本で販売されている中国メーカー製テントの多くは、すでにアマゾンあたりとAlibabaの価格差はあまりなくなっています(むしろアマゾンのほうが安いことも多い)がNaturehikeテントはAlibabaのほうがまだ2~3割くらい安いものが多いです。
※ テント・タープ以外(寝袋など)はそんなに違わないものが多いです。
例えば、ソロキャンで人気のCloudUp2ですが、アマゾンだと本記事執筆時点(2021.2.18 : 以降記事本文中での価格はこの時点の価格を記載します)で14,800円です。
これがAliExpressの場合だと、11,855円(送料無料)です。
※ いろいろなショップが販売しているのでもっと安いところもあるかもしれません。
US .55 36% OFF|Naturehike Cloud Up Serie 123 Upgraded Camping Tent Waterproof Outdoor Hiking Tent 20D 210T Nylon Backpacking Tent With Free Mat|Tents| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com
大体4,000円くらい安く販売されているわけですね。
2020年よりNaturehikeは日本で正規代理店による販売が始まっています。
Naturehike Japan 公式オンラインストア
こちらでもアマゾンと同等以下の価格ですので、サポートや配送の安心感を考えるとこちらからの購入が良いと思います。
サポートなんかどうでもいいから少しでも安い方がいい場合はAliExpressですね。

日本の公式サイトでも扱っていませんし、アマゾン等でも少ししか見かけませんが、Naturehikeにはコットンテントもあります。(MSRにそっくりなことで知られるNaturehikeですが、コットンの方はNORDISKにそっくりな商品群れです)

もちろん、本家のNORDISKと比べると半額以下になっていますよ。このへんはAliExpressじゃないと見つからないかもしれません。

US 0.0 25% OFF|Naturehike Camping 3 4 Person Cotton Eaves Rectangle Tent Big Space Tent Waterproof Hiking Picnic Outdoor Explore Tent Extend5.6|Tents| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

チタン製品全般

有名メーカーのチタン製品も中国メーカーのOEMだったりするのことが多いのですが、中国にはチタンの加工技術が優れた工場が多いんです。

とりあえず、チタン製品ならAliExpressは要チェックです。

変わりどころとしては、一時話題になったものの、(ちゃんと法的に権利を守ることを怠ったのか?)その価格設定が高すぎたことも相まって、あっという間にコピー品が氾濫してしまったピコグリル風焚き火台です。

本家ピコグリルはステンレスなのに対して、こちらはチタン製のものです。それでいてステンレス本家の6割程度の価格になっちゃっています。

US .0 30% OFF|Thous Winds Ultralight outdoor wood stove removable BBQ stove multifunctional folding titanium alloy heating stove|Outdoor Stoves| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

チタンということもあって、重量も本家の半分程度(約240g)です。

僕はこのようなコピー品は買わない派なんですけど、ここまであからさまに本家を超えてしまうと、ちょっと考えちゃいますね。

中国からはこういったコピー品がよく出てきます。パチノックス(ヘリノックスのコピー品)なんかもそうですね。
僕の本業はアウトドア用品とは違う分野ですが、すくなくともその業界では、パクられたくなければ特許なり意匠権なりを取得するなど、あらかじめ権利を守る対策をしておくことが常識だったりするんですけどね。あるいは、法的な対策では間に合わないくらいコピー品の勢いがすごいのかな?
ついでに調べたのですが、ピコグリルのメーカーであるSTCが2020年にピコグリルの次世代版みたいな意匠を登録しました(意匠登録1670815)。さすがに今後はコピー対策をしておくということでしょうね。
これ販売するのですかね。コピー品に先を越されましたが、チタン版もあると良いですね。
※ ちなみに、現行版の意匠登録は見つかりませんでした。

ファニチャー類

椅子やテーブルなどのファニチャー類に関しては、もうアマゾンとの価格差がない(むしろアマゾンのほうが安い)ものばかりです。よく探せばアマゾンよりちょっと安いものが見つかるくらいです。

アマゾンでよく売られている、聞いたことのない(あるいはアマゾン以外で見かけない)ブランドでやたら安く販売されているものは、大体AliExpressにあるような無名ブランド物と同じような価格・品質です。

あまり安いものはない(というかアマゾンでも安い)のですが、一つ気になっているものがあるので紹介します。

↓がそれです。調べたところ日本では3,000円程度で売っていたりするよう(アマゾンでは見つからなかったです)ですが、AliExpressだと1,200円くらいです。

US .14 49% OFF|Portable Stool Collapsible Footstool For Camping Beach Chair Folding Fishing Outdoor BBQ Camping Chair Foot Recliner Foot Rest|Fishing Chairs| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

ヘリノックス系のチェアに取り付けるフットレストみたいなものですね。千円ちょっとということで僕も買うかも。。

小物類

金物やプラスチックの小物(単価の低いもの)などは、AliExpressのほうが安いことが多いです。Amazonは手数料がちょっと高いので、安いものを売ってもショップは儲からないんですね。(だから安いものは複数セットにするなどしてむりやり単価を上げたりしています)

まあ、そもそも単価が安いので、せいぜい数百円の違いなのですが。

例えば、僕も普段良く使うアルミのY字ペグですが、18cmのものだとアマゾンでは安くて1,000円くらいですが、AliExpressだと10本で送料を入れても500円くらいで入手できます。

US .98 20% OFF|10 PCS Tent Pegs Nail Aluminium Tent Stakes with Rope Camping Accessories Equipment Outdoor Travel Tent Building Tent Pegs Nail|Tent Accessories| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

このくらいの長さのアルミY字ペグですが、軽くて丈夫なので使い勝手がいいですよ。サブのペグとして持っておくのもいいと思います。

※ 鍛造ペグは重いためか、送料を入れるとエリステとかと同じくらいの価格になっちゃいます。

さらに小物だと、アルミ自在なんかも安いです。

これなどは10個で200円程度、しかも送料無料です。利益出るんですかね?

US .83 31% OFF|10pcs/lot Outdoor Camping Aluminum Alloy Cord Runners Rope Tensioners Tent Guy Line Rope Tensioners|Tent Accessories| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

買わないほうがいいもの

AliExpressは中国のサイトなので、日本の法律に準拠しないものもたくさん売っています。

そして、それらを注文したら普通に購入できちゃいます。

気づかずに買ってしまいがちなものの例をいくつか上げておきます。

技適マークのない無線機器類

代表的なものにスマホがあります。

とくにリファービッシュ品(再生品)などは新品同様で安くて大抵は問題なく使えちゃうので、メルカリ等で転売している人もいますね。

多くの場合、これらの海外製スマホは日本国内で無線を使用するのに必要な「技適マーク」がありません。

この技適マークのない無線機器を日本国内で使うと電波法違反です。(たとえば外国人旅行者が使うことなどを想定した例外規定はあります)

Bluetoothイヤホンなんかも同様ですよ。

PSLPGマークのないガスバーナー等

日本国内でバーナーやストーブ等のガス機器を販売する場合、ガス検を受けてPSE LPGマークがついているものでなければなりません。

これはあくまでも僕が調べた範囲での個人的な解釈ですが、「PSEのないガス機器を”使用する”こと自体は違法ではない」と思います。

なので、AliExpressで購入した中華バーナー等を使うことは違法ではないとおもいます。

違法にならないとはいえ、日本の基準での安全性が確認されていないものということです。どこぞの基準で完全確認がされているのかどうかも不明なものが多いです。

そんなわけで、AliExpressには、日本では販売していないアウトドア向けのガスバーナー等がたくさん売られていて、実際購入している人も多いのですが、僕はやめといたほうがいいと思います。

PSEマークのない電気機器等

ざっくり電気機器と言っても、PSEマークが必要なものとそうでないものがあるので難しいですね。

どちらかというと、電源関連のものはPSEマークを必要とされます。直接コンセントに挿して使うような機器の一部やACアダプターなどです。最近モバイルバッテリーも対象となりました。

こちらも使用することは違法ではないと思いますが、特にモバイルバッテリーなどは発火・爆発の事故が起きたりしている危険なものです。安全性の不明なようなものは購入しないほうがいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました